2017-10-15

「図書館がやることじゃない」と言われて考えたこと

悪気ない一言だったのでしょう。
とある会議で、私が以前やってみたある取り組みについて話したとき、他の図書館員から「図書館がやることじゃない」と言われました。

イメージ画像:牛窓の風景

(他の参加者もウンウンといった感じでしたが、時間の制約があり、その点については議論できず終わってしまいました)



★過去の取り組み


私のやった取り組みとは、数年前にあるゼミとタイアップして実施した講習会です。
教員のいわく、
  • 大学で契約するデータベースや電子ジャーナルは、卒業後使えなくなってしまう。
  • 今のうちに、ネット上の無料サービスで情報収集できるよう、学べないか
・・・とのことでした。

そこで私はこの教員と相談し、4年生のゼミで卒業が近づいた頃に、講習会をしました。
NDLサーチなどの演習もさりながら、社会では今まで以上に適切な情報収集・評価・活用が重要である、と考えてもらうための授業にしました。


この授業も、おそらく上記会議のメンバーにとっては、「図書館が提供しているデータベースでないのであれば、教員が教えればいい」といった認識だったのでしょう。

ですが私は、この考えに反対します。

イメージ画像:牛窓の風景2



★政策文書から


図書館員は、既存資料だけを提供するのが任務ではありません。

中央教育審議会の「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて」に書かれているように、これからの大学では「社会において求められる能力」を身に付けることが重要です。

社会が多様で膨大な情報に溢れている今、適切な情報を入手・評価・活用する能力は、まさに大学で身に付けるべきでしょう。
その観点からすれば、図書館で提供する資料と、誰でも使えるネット上のリソースとに、違いがあるはずもありません。

また、科学技術・学術審議会の「大学図書館の整備について」には、「情報を探索し、分析・評価し、発信するスキルを一層高める情報リテラシー教育は、大学図書館が主体となって取り組む」と明示されています。

こうした文書からも読み取れるように、自身が提供していないリソースを含め、大学図書館が学生にその活用方法を学んでもらうことは、必須だと考えます。



★図書館の役割


大学図書館の役割は、日々変わっています。
単なる資料提供を超え、授業に関して教員に積極的に提案できる、言わば「教育活動への直接の関与」ができる図書館が求められるのでしょう。

これは、他の館種に置き換えても、同様のことが言えるでしょう。
私たちは情報のプロとして、その時代に応じた役割を担うべく、常に新しい価値観を模索していくべきだと考えます。



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

10月20日は、れいこのバースデー。
主役のいないバースデーも、これではや6回目になります。
それでも私たちは、毎年うそれいこを囲んで、バースデーパーティーをします。


だって、れいこは家族ですから。
今も、私たちといつも一緒にいるのですから。

れいこ、これからもずっとずっと、一緒やけんな〜!

2017-10-04

大学図書館職員短期研修(西日本会場)ご報告&「いのうめ交流会」のご案内

このところ、秋らしくなってきましたね。図書館業界的には、図書館総合展、JLA全国大会など、魅力的な時季ですよね!(笑)

イメージ画像:秋




★大学図書館職員短期研修(西日本会場)終了


今年も依頼を頂き、10月3日にこの研修の講師を務めてきました。今年も担当科目は、「大学図書館員のスキルアップ法」です。

以前某所にて「講師最長3年説」を聞いていましたので、3年目の昨年度、集大成のつもりでこんな感想を書いてしまいました。

ですが望外にも4年目の依頼を頂き、今年も東西会場で講師を務めることになりました。
全国の若手に自分なりのメッセージを送れるこの機会を頂けることは、私にとってマイ・ミッションを実現することで、非常に嬉しいことです。

同研修案内看板


さて今回、自分の講義の前に、京都大学の米澤さんの講演を拝聴しました。その中で「一人で何もかもする必要はない」というお話があり、とてもしっくりきました。

自分はもとより未熟ですが、何もかもしなくてもいいという話に、少し楽になったような気がしました。自分はアカデミックな話も大局的な話もできませんが、自分なりにできることをすればいいのだと再認識しました。

本研修で言えば、「仲間とつながり、一緒に成長しよう」という私のいつものメッセージを全国の若手に送ることができれば、それで十分と言えるでしょう。

講義の様子


今回もいつものように至らない講師でしたが、このメッセージが一人にでも伝わればいいと考えます。

全員が80点評価でなくても構いません。0点評価の人が何人もいたとしても、たった一人でも100点以上に感じてくださる方がいらっしゃれば、私の目的は果たせたと考えるべきなのでしょう。

受講生の皆さん、私のメッセージが響いたようでしたら、ぜひ仲間とつながり、これからの図書館を一緒につくることを意識してもらえれば幸いです。



★「いのうめ交流会」のご案内


さて、主に関東の皆さんへのお誘いです。
私は今月17日に、同研修(東日本会場)のため、上京します。前泊する16日(月)に、図書館関係者の交流会を開催したいと思います。

もう一人のゲストは、中央大学の「うめちゃん先生」こと梅澤さんです。
井上+梅澤で「いのうめ交流会」と名付けられたこの交流会、図書館に関心のある方でしたらご所属・身分に関わらず、どなたでも歓迎です。こちらのサイトをご覧の上、ぜひご参加ください!

短期研修を受講される方や「いのうめ」と面識がない方のご参加も、大歓迎です!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

秋になると、れいこが最後に参加した運動会を思い出します。
半身麻痺の状態で、運動会に出るといったれいこ。それを支えてくださった先生方、地域の皆さん、何よりれいこの友達のみんな。


今も、れいこの運動会の頑張りや皆さんのご厚情を思い出すたび、涙がこぼれます。
皆さんには、ずっとれいこという子がいたこと、懸命に生きたことを忘れずにいて欲しいと願っています。

れいこの懸命に生きた日々が、れいこの友達みんなの成長の糧になることを、願ってやみません。

2017-10-02

Library of the Year 2017 優秀賞・ライブラリアンシップ賞 決定!
(最終選考会は11月8日図書館総合展にて!私も審査員を務めます!)

今日は、多くの図書館員の皆さんにとっても関心のある、Library of the Year(以下、「LoY」)のご報告です。いつもより少し長めですが、ご容赦を。

イメージ画像:関学の空



★Library of the Year2017 第2次選考会結果


図書館関係者の皆さんなら、LoYについて、一度は耳にしたことがあるでしょう。
同賞は、「これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人 知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与する賞」です。

先日LoY2017の第2次選考会が開催され、私も選考委員として議論に加わりました。

第2次選考会は、3時間半(!)を超える熱い議論となりました。1次選考会を突破した17館について、1館ずつその活動の魅力や意義を議論していきました。
(ノミネートには、図書館だけでなく図書館的活動なども含まれていますが、ここでは「館」と記します)

結果、LoY優秀賞およびライブラリアンシップ賞の受賞館を、以下のとおり決定しました。

  • 優秀賞
    • 20年間継続されてきた地域資料のデジタルアーカイブ事業と将来に向けた取り組み:【大阪市立中央図書館】
    • 市民と行政が育てる もちより・みつけ・わけあう広場としての図書館:【瀬戸内市民図書館もみわ広場】
    • 地域情報資源を活用した公共情報資産の共創活動:【ウィキペディアタウン(各地でウィキペディアタウンを企画実施したみなさんとこれをサポートしたウィキペディアンのみなさん)】

  • ライブラリアンシップ賞
    • レファレンスの集積・可視化・公共財化:【国立国会図書館レファレンス協同データベース事業とその参加館および協力者】
    • 図書館と対になった50年以上に及ぶユーザーグループ活動とその多様な成果:【神奈川県資料室研究会(神資研)】

詳細な受賞理由については、こちらをご覧ください。
いずれもLoYとして表彰されるのに相応しい、素晴らしい図書館/図書館的活動だと考えます。

Library of the Year2016審査会


ところで、ライブラリアンシップ賞には、馴染みがない方もいらっしゃるかもしれませんね。これは2016年に新設された賞で、公式サイトにて以下のとおり説明されています。

長年にわたって地域住民や図書館員が協同し、さまざまな図書館活動を継続的に行った図書館等を称えるため、昨年度創設した賞です。
ここで言うライブラリアンとは、図書館員グループおよび地域住民の総体を示しています。
長期にわたって日本を代表する優れた図書館サービスを、館種を超えた図書館や地域住民と共に行ってきたことを評価するものです。


ライブラリアンシップ賞は、優秀賞とは違う意味合いながら、「大賞相当」と位置づけられるものです。



★最終選考会


最終選考会は、11月8日(水)図書館総合展にて、開催されます。
最終選考会では、各館によるプレゼンと公開討論を行った上、優秀賞3館のうち1館を大賞として選出します。

「これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動」を巡る議論を目の当たりにすることは、きっと皆さんにとっても有意義で刺激的な時間になります。当日はぜひ、会場へお越しください!

最終選考会では来場者の投票により、オーディエンス賞も授与されます。来場くださる皆さん、最も魅力的だと思われる1館に、ぜひ一票を投じてください!

なお、当日はツイートも歓迎です。LoYに関するツイートには、ぜひハッシュタグ #LoY2017 を付けてくださいね!

Library of the Year2016最終選考会



★審査員


最終選考会では5人の審査員の投票により大賞が決定されます。審査員は、様々な活躍で知られる方々ばかり。

そして分不相応ながら、私もその末席を汚すことになりました。勉強不足・実力不足は明らかですが、自分なりにベストの選択をし、一票を投じます!

ところで一つ、大切なことを。
最後の投票こそ審査員の仕事ですが、LoYは図書館の仲間みんなで盛り上げつくるものだと考えます。
当日はぜひ最終選考会場へ足を運び、討論に当事者としてご参加ください。みんなで一緒にLoYをつくり、これからの図書館の姿を考えていきましょう!



★クラウドファンディング


最後に、一つお願いです。
LoYは、NPO法人であるIRIが主催しており、資金源が潤沢とは言えません。

現在クラウドファンディングにより協力を募っていますが、期日まであと2週間となった今も、目標金額に到達していません。ぜひこちらをご覧の上、ご協力頂ければと思います。

「全国の図書館に光を与える」ためにも、LoYへのご支援をよろしくお願いします!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

このところ、きょーこの「おうちごっご」がエンドレスです。
私たちの世代でいう「ままごと」なのですが、これを延々と続けさせられます。

「きょーちゃんが、ネコちゃんのバブーね。お父さんは、ネコのお母さんになって」などという、ややこしい役をさせられます。(笑)


こんなことで楽しめるのも、いつまでかな?
それまでは付き合ってやらんといかんかな、と思います(エンドレスで大変やけど・・・)。

れいこもきっと微笑みながら、僕の努力を見てくれていることでしょう。(笑)