2021-10-09

セレンディピティではないもの

ささやかでも、嬉しい出来事が思いがけず起きること、ありますよね?今日は、私が思いがけずプレゼントされた幸福感の話です。

田園風景


★日図研75周年記念イベント

私は、日本図書館研究会(=日図研・にっとけん)の理事を務めています。

この度日図研では、創立75周年記念式典および図書館学セミナーを開催することになりました。実に、魅力的なイベントです。

これだけのイベント、新米の広報担当理事としては頑張って周知し、多くの方に参加して頂きたいところ。 非会員も歓迎のため、外部に案内を出すことにしました。

私は図書館関係の学協会・団体を分担し、先日から各団体に案内メールを送り始めました。



★裏切られた予想

日図研にとっては記念事業ですが、その案内も他団体からすれば、突然送られてくる迷惑メールの類かもしれません。
スルーされるのは仕方ないとして、お叱りの一つも受ける覚悟で、各所にメールを送りました。

ところがその予想は、 嬉しい意味で裏切られました。多くの団体から、とても温かい反応を頂いたのです。

メルマガやMLで周知くださったり、Webサイトに掲載くださったり。わざわざ返信で、そうしたご報告を頂きました。
頂いたメールの多くには申し合わせたかのように、75周年を祝う言葉まで添えられていました。


さらに、 嬉しかったことがあります。

メルアドを調べられなかった団体もあったので、知人に相談したところ、連絡先をわざわざ調べて下さったり、 転送してくださったりしました。

また、メールを送ったいくつかの団体のご担当は、私の旧知の方々でした。私はそれを知らないままメールをお送りしたのですが、皆さんから思いがけない連絡を頂きました。

SNSで連絡をくれた方。
日図研への返信メールに、私へのメッセージを添えてくれた方。
日図研への返事に加え、私個人宛に別メールまでくれた方。

連絡をくださった皆さんは、私がご無沙汰してしまっている方々ばかりでした。温かい言葉や応援を頂き、私は本当に嬉しかったです!



★日々の繋がりがあってこそ

各団体のご対応、旧知の皆さんのご厚情には、温かい気持ちにさせられました。

今回改めて感じたことは、日々の繋がりが大切だ、ということです。
各団体がこうして祝ってくださり、そして広報に協力してくださるのは、長年の各団体の交流、すなわち図書館界の繋がりがあってこそです。

旧知の皆さんが連絡をくださったのも、私たちがお互いに交流を重ねてきたからに他なりません。お互いに身銭を切って研究会に入り、自分の時間を費やして活動してきた結果とも言えるでしょう。

今回こうした対応を頂いたのも、日々の交流があったからこその必然なのかもしれません。そう考えると、日々の図書館員の繋がりは本当に大切です。


ポジティブ心理学実践インストラクターでもあるこの私、皆さんからもらったこの嬉しい気持ちを、他の皆さんにも広げていきたいと思います。
(ポジティブ心理学研究でも、一人の幸福感は、周囲の幸福感を高めることが分かっています)

自分がポジティブな気持ちになり、少しでも図書館員の交流を深めたりよりよい図書館活動を行ったりすることで、「世界をもっと幸せに」していきたいと考えます。

よし、頑張るでー!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

れいこは闘病中、書道教室に通っていました。ご近所の先生が自宅でなさっている、小さな教室です。


そして先日からきょーこが、習字教室に通い始めました。もちろん、れいこがお世話になっていた、同じ先生です。

半年あまり(?)硬筆を練習して、最近ようやく毛筆を始めました。下の写真は、毛筆3日目の作品です。


2年生の毛筆3日目にしては、なかなかのものだと思いません?(笑)
初日の作品(写真は撮らないまま廃棄…)を見たときも、「いきなりこれだけ書けるとは、大したもんじゃ!」と思いましたが、これもなかなか。

きょーこが元気に育ち、れいこの通っていたこの教室で頑張っていることを、とても嬉しく思います。



2021-09-22

日図研あれこれ (1) -理事になったことなど-

皆さん、日図研(にっとけん)はご存知でしょうか?
念のため言っておきますが、日本図書館協会(JLA)とは違いますよ!w

イメージ画像:秋の道


★日図研って?

最初に、日図研のことを。
日図研は、正式名称を日本図書館研究会といいます(英語形での略称「NAL」)。詳しくは同会Webサイトをご覧ください。

私が考える同会の特長は、以下の3つです。

  1. 大学、公共、学校、専門など、館種を超えた活動をしていること
  2. 図書館員と研究者がどちらも多く、一緒に活動していること
  3. 関西に基盤を置く組織であること
この3つの特長を兼ね揃えた団体は、おそらく日図研だけでしょう。



★理事になりました

さて私は今年度から、同会の理事になりました。
以前から評議員を務めていたのですが、今年度ご推薦を頂き、理事の末席に加わりました。担当するのは、以下の3つです。

  1. 広報・組織
    各種イベントの広報や、組織(とりわけ新規会員獲得)について、考えています。セミナーなどに参加くださる方や、新たに仲間になってくださる方を、募集します。日図研で一緒にやってみようかな、という方、まずは気軽にお声がけください!

  2. ブロックセミナー
    全国の各ブロックと連携し、現地でのセミナーを企画するものですが…いかんせんコロナ禍で身動きが取りづらい状況です。いいアイディアなどがありましたら、ご教示ください。

  3. 役員選挙制度検討委員会
    その名の通りの活動ですが、現在少し議論の幅を広げています。役員選挙のあり方は研究会のあり方でもあり、目先の定員を微調整するような検討に留めるべきではないかもしれません。今後どのような研究会であるべきか、といった視点も持ちながら、議論を深めています。

研究色の強い同会において、理事として貢献できるのかいささか不安ですが、頑張ります。会員の皆さん、よろしくお願いします!



★宣伝

  • 創立75周年記念式典+図書館学セミナー
    この登壇者が超豪華なことは、特筆に値します。これほどの豪華な登壇者は、ちょっと見覚えがないかも…。
    今、標記式典/セミナーの参加者を募集中です。会員でない方も大歓迎ですので、ぜひこちらをご確認ください!

  • Webサイトリニューアル中
    同会Webサイトが、先日よりリニューアル中です。まだ移行が完了しておらず、それに伴い更新もできていないページもありますが、順次移行・更新中です。

  • 座標
    理事になったのを機に、会誌「図書館界」冒頭の「座標」に書く機会を頂きました(v.73 n.3 p.171「『いつも同じ顔』という危惧」)。よかったら、ぜひお目通しください!



★ご協力を

…という訳で、新米理事ですが、改めてよろしくお願いします!
特に広報活動は、会員の皆さんの協力が不可欠です。この記事もご覧頂き、ぜひ一緒によりよい活動を作りましょう。

今後日図研のTwitterFacebookで発信していきますので、まずはRT/シェアをお願いします!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

きょーこは、本が大好き。公共図書館にせっせと通い、たくさん本を読んでいます。
小学校2年生ですが、ゾロリくらいなら時間がある日曜は、5冊くらいは軽く読んでしまいます。

今日子とはらぺこあおむし
バブーの頃から本が大好きだった、きょーこ

本が大好きなのは、れいこ譲りかな?
子どもたちには、小さいときから毎日欠かさず絵本の読み聞かせをしてきたことが、大きかったのかもしれません。

お前が本好きなことを、きっとお姉ちゃんも喜んどるよ、きょーこ!


2021-09-04

ささやかだけど、あなたがすぐできる貢献

気づけば9月。コロナ禍で帰省すらできず、一度も県外に出ないまま夏が終わりそう…。(涙)

プールサイド



★ちょっとだけでも、役に立ちたい!


ほとんどの方は多かれ少なかれ、自分の属するチームや集団、身近な仲間のために、役に立ちたいと考えているのではないでしょうか?
仕事でも何でも、自分がちょっとだけでも貢献し、仲間に喜んでもらえたら嬉しいですよね。

とは言え、誰しもそこにかけられる時間や労力には限界がありますから、何もかもという訳にはいきません。
そこで今日は、自分に負担をかけ過ぎずにすぐできる、ささやかな貢献について考えてみます。


★友人のやっていること


私には、素晴らしい友人がいます。彼は勉強会に行ったとき、いつも意識的にある行動を行い、その場を大いに盛り上げ貢献しています。

それは、どんな行動でしょう?

実は、驚くほど簡単なことです。
彼は講師の話が終わったときに、大きな拍手をするのです。顔の前にまで(ときには頭の上にまで!)手を高く上げ、間違いなく会場の誰よりも大きく強く、拍手を贈るのです。

たったそれだけ?…と思うかもしれません。ですがこれこそ、ささやかでもすぐできる貢献の例だと思います。

勉強会や研究会などには、多くの人が関わっています。講師はもとより事務局も、何より大勢の参加者もいます。
その人たちにとって、講演が終わった直後の雰囲気は、とても大切なものですよね?盛大な拍手が起きれば、場の空気も良くなり、その後の質疑応答も活発になるでしょう。

たかが拍手、されど拍手です。
彼がとったささやかな行動は、講師や事務局への感謝を示す行為であり、その場を盛り上げさらに活発な議論の呼び水となるものです。

公園


★他にもいくらでも


仲間に感謝を示し、すぐできるささやかな貢献は、誰にとってもあるはずです。
例えば自分の参加したことのある研究会から、イベント情報が流れてきたとき、あなたはそれをリツイートやシェアしているでしょうか?

研究会の朝、「今日は〇〇例会。頑張るぞ!」とだけ書いてSNSに流すこともできます。
知人が雑誌に寄稿していたら、感想を誰かに伝えることもできます。
グループのメーリングリストに投稿があったとき、短い返信だけでもグループを盛り上げることができます。

図書館総合展の後、自分の職場に来る書店さんに、スポンサーになってくれた感謝を伝えることだってできます。
自分の研究会や応援する仲間のSNSをフォローするだけでも、立派な貢献です。


★今日から!


このように、ささやかであってもあなたのチームや仲間のために、すぐできることがあるはずです。
思えば、私が信頼する方々は例外なく、感謝を行動で返したりチームに貢献することを心がけているように思います。

ポジティブ心理学でも、人を助けたり誰かのために貢献したりすることが、自分の幸福感につながることが判っています。

自分の負担にならない範囲で構いません、ぜひささやかな貢献(すなわち感謝を示す行動)をしてみましょう。

まずは今日(明日ではありません!)、自分が入っているグループのツイートを、RTすることから始めませんか?



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

れいこはこの夏休みも、育成会の他はほとんど家族だけで過ごしました。いろいろ遊びに連れて行ってやりたい年頃ではありますが、このコロナ禍ではどうにもならず。

ダムに来たきょーこ

家から車で行ける範囲で、かつ混雑のないところで夏を乗り切りました。この写真も、ダムに行ったときのものです。

れいこの頃は車もなかったので、電車を乗り継いで、あちこち行ったものです。大変でしたが、それはそれで楽しい思い出やね、れいこ!