2022-05-15

【3年ぶり開催!】れいこが星になって10年、第8回「れいこパーティー!」へお越しください!

れいこが星になったのは、2012年6月6日。
れいこが星になって、はや10年になろうとしています。大勢の方々が今もずっと寄り添ってくださっていることに、感謝します。

コロナ禍が未だ収まらない中ですが節目の年でもありますので、今年は感染対策を取った上で、3年ぶりに「れいこパーティー!」を開催します。


「れいこパーティー!」は、毎年れいこが星になった6月6日(とその近くの日曜)に、みんなでれいこを明るく囲んで過ごそうというものです。

れいこの思い出話などをずっとするものではなく、本当に楽しいパーティーにしたいだけですので、れいこに会ったことのない方も歓迎です。ご友人の皆さん、ぜひお越しください!


れいこピースのポーズ


★第8回「れいこパーティー!」

感染対策はとりますが、今年もおおむね例年どおりのスタイルで開催します。みんなでれいこを囲んで、明るく楽しくワイワイ騒いでやって頂ければと思います。

  • 【場所】れいこの家(宝塚市内・阪急電鉄沿線)
  • 【日時】2022年6月5日(日)14:00-19:00 および 6日(月)15:00-19:00
    • 上記日時はずっとオープンしていますので、そのうちご都合のよろしい時間だけ遊びにいらしてください。
    • (※注!)きょーこの習いごとのため、6日(月)16-18時は、私ときょーこは不在です。

  • 【事前お申し込み】不要
  • 【お持ち頂くもの】ご自分の飲み物
    • 飲み物は、ご自分が必要な分だけお持ちください(不要な方は、無くても構いません)。
    • 全員が私たちの分まで持って来たら大変(!)ですので、くれぐれもお心遣いなさいませんよう。

  • 【コロナ感染対策】
    • 複数の方がいらっしゃいますので、マスク着用をお願いします。
    • 感染対策のため、食べ物はお持ちになりませんようお願いします。
    • 飲み物はOKですが、口にするときだけマスクを外すこととし、マスクを外しての会話はご遠慮ください。

  • 【その他】
    • れいこに思いを寄せてくださる方でしたら、どなたでも歓迎です。れいこの闘病中にご縁のなかった方も大歓迎ですので、ご友人の皆さん、ぜひ。大人も子どもも一緒になって、わが家を賑やかな場にしてください。
      特にれいこの友達のみんな、連れ立ってぜひ遊びに来てね〜!
    • ご都合が付く方だけで構いません。コロナのリスクもゼロではありませんし、私たちのためにご無理をなさいませんよう。
    • 皆さんが気軽に来やすいように、今年も「おもてなしをしない!」宣言しておきます。皆さんも気遣いなしで結構ですので、好きな時間にいらして、自由に過ごしていってください。
    • わが家の場所をご存じない方は karatekalibrarian@gmail.com までお問い合わせください。

私たち一家は「命日」という言葉を使わず、6月6日をれいこの「セカンド・バースデー」と呼んでいます。
そのセカンド・バースデーに皆さんと明るく楽しく過ごすことを、れいこもきっと喜んでいますし、私たちも寂しい思いをせずに済みます。

皆さん、ぜひれいこと、その妹・きょーこに会いに来てやってください。皆さんとお会いできることを、れいこともども楽しみにしています!


れいこと、わし


【補足】
  • れいこに関することは、Twitter@fight_Reikoでツイートをしています。ぜひフォローください。
  • 「れいこお助け隊」「れいこフレンズ」の皆さんには、本件などメールでお知らせしていますが、登録アドレスがエラーになっている方もいらっしゃいます。アドレスの変更がありましたら、気軽にお知らせください。
  • 今後「れいこパーティー!」等の連絡を、メールで受け取りたい方がいらしたら、お申し出ください(「れいこお助け隊」に登録します)。


2022-05-08

課長の仕事を一ヶ月やってみた

最初にひと言、お断りです。
この6年ほど当ブログの記事は、原則として「たった2分」で読める量(1,000字程度)にしてきました。

ですが今回の記事より、文字数の制限を撤廃します。
文字数を絞ることが私にとってある程度習慣化できましたので、今後は「書くべきは書く」でいきます。

とは言え、無意味に長くするつもりはなく、今後も気軽にサッと読めるブログを目指します。引き続き、よろしくお願いします!


鯉のぼり


★新しい立場に

さて、先の記事でお伝えしたとおり、私はこの春から立場が変わりました。元々いた部署で課長となり、30人ほどのチームを束ねる立場になりました。

課長になっていますので、「課長の仕事を一ヶ月やってみた」というタイトルは、適切ではないかもしれませんね。
ですが、不慣れなままかろうじて一ヶ月を乗り切ったところですので、今の私の率直な気持ちをタイトルとし、感じていることを残します。


念のため記しておきますと、この記事は課長になって嬉しくてたまらず、それを誇示しようというものではありません。

自分で決意して管理職の試験を受けましたので、喜びの気持ちが全くない訳ではありませんが、むしろその何倍ものプレッシャーや責任感を感じています(仕事の夢を頻繁に見るようになりました…)。

決して浮かれて記事を書いている訳ではなく、こうした経験がどなたかの参考にでもなれば、という思いであることを強調しておきます。




★一ヶ月を振り返って

今感じていることは、以下の3点に尽きます。

  • 入ってくる情報量・依頼が多い
    就任初日に感じたことは、「メールが山ほど来る!」でした。件数もさりながら、これまでと違いその多くが人事・財務などを始めとする他部署からで、しかも依頼がとても多いです。
    もちろんメールに限らず、いろいろな話が寄せられます。機微に関わる情報もあり、デリケートな対応も求められることもしばしばです。

  • 知らないことの多さに、改めて気づかされた
    私はこれまで現部署で5年間課長補佐を務めており、ある程度、課の業務の把握をできているつもりでした。
    …が多くの情報や依頼に接し、自分が業務そのものをいかに知らなかったか、早くも痛感しています。これまでに、もっと積極的に課の業務に関わったり、課長の支援をできたのではないか、と反省するところです。

  • あらゆる情報・判断が自分ごとになった
    課の多くの業務は、自分が最終判断をしたり、責任を負ったりすることになります。そのせいか、あらゆる業務が自分ごとになり、当事者意識が強くなりました。
    (これまでは、自分の後ろに課長がいる、という甘えがあったのかもしれません)



★今後に向けて

これからチームをまとめていくにあたり、いろいろ考えさせられています。
現時点では、特に以下の点を意識しようと考えます(ここで書ける程度に、一般論化して記します)。

  • 方向性の提示
    何となく従来どおりの仕事をしてもらうのではなく、課の方向性や全体のベクトルといったものを、常に示したいと考えます。
    本学においてこれから注力すべきコア業務を定めたり、それへのウェイトのかけ方であったりを、考え伝える必要がありそうです。

  • 専任職員のハブ化と成長の後押し
    何チームにも別れる人数の多い部署ですので、私が全員と日常的にコミニュケーションを取ることは難しいです。
    専任職員に各チームのリーダーとしてハブになってもらい、ハブを介したチーム運営を進めたいと考えます。チームリーダーを担うことを通じて専任職員には成長を促し、後進の育成にも努めます。

  • ほめまくり
    「ほめる達人」として、これまで以上に同僚の様子をよく見ておき、ポジティブな行動を褒めます。
    幸い当課は一生懸命で真面目な方が多く、いつも助けられています。ほめるマネジメントにより、そうした皆さんの長所をさらに引き出し、明るく楽しく前向きな職場を作りたいです。

偉そうにいろいろ書きましたが、まさにこれから取り組もうというところで、非常に心許ない限りです。
ですが、自分なりの価値観にもとづきよりよいチームづくりを行い、図書館機能やサービスを向上させ、ひいては大学のミッション実現の一助となるべく努めたいと考えます。



★提案

ちょうどいい機会ですので、提案めいたものを。
図書館でのリーダー研修みたいなもの、一緒に始めてみませんか?

詳しくデザインしている訳ではありませんが、イメージ的には、(大学図書館なら)課長か課長補佐くらいが対象でしょうか。
スタッフへ業務の方向性を示したり、支援を行ったりする立ち位置の方がオンラインで集まり、参加型の勉強会みたいなものをできないかと考えています(厳密な肩書には拘りません)。

誰かがセッティングして受け身で参加する会ではなく、ある程度固定されたメンバーで全員が当事者として、相互に企画したり討論したりできたらいいかと。

こう呼びかけるのも、自分が新たな立ち位置となり、いろいろ悩んでいるからです。
おそらく同じ悩みを持った方も多いと思いますので、そうした仲間で集まってお互いに学び合えたら、と考えます。

もう少し練って当ブログで呼びかけますが、ご関心のある方、挙手のご準備を!




●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

毎年この時季は、恒例の「れいこパーティー!」のご案内を差し上げていますが、ここ2年はコロナ禍により不開催となっています。

玲子とわし

ここしばらくコロナもやや下火ですので、今回感染対策をした上での再開も視野に、検討しています。
近々に決定し、当ブログやTwitter @fight_Reikoでご案内します。

開催の折には、ぜひ我が家へお越しください!


2022-03-13

帯が人を育てる

春の気配が、感じられるようになってきました。春は転職・異動も多く、新しいチャレンジの季節ですね。

イメージ画像:春の公園


★「帯が人を育てる」という言葉

武道の世界に、「帯が人を育てる」という言葉があります。
(武道では、審査を経て級・段が上がるごとに、帯の色が変わります。例えば、有段者は黒帯ですね)

上の帯になることでその自覚が周囲に目を向けさせ、技術にとどまらず、より人として成長させる、といったところでしょうか。
審査を目標とすることで、自分を見つめ直したり、稽古を重ねられたりする側面もあるでしょう。



★図書館界では?

では、これを図書館界に当てはめれば、どうでしょうか?

図書館界ではよく「現場が好き」、「ずっと本に触る仕事をしていたい」、「カウンターで利用者さんを喜ばせたい」といった言葉を耳にするように思います。

こうした言葉は、本が好き、人のために貢献したい、といった図書館員気質をよく表していますね。
私的な印象ですが、好きでこの仕事をやっている人が多く、昇任などにあまり関心がない方も多いと思います。


しかし考え方によっては、これらは上の帯に上がる可能性、すなわちチャレンジの可能性を自ら閉ざしている、とも言えます。

例えば貸返に担当者として専念しているうちは、利用サービス全体を同じように考えることは、難しいかもしれません。
ですが利用部門のリーダーになれば、レファレンスなどを含めた利用サービス全体に目が向き、今までとは違う気付きがあるかもしれません。

一担当者であれば、係長やサブリーダーになってみないと判らないこともあるでしょう。
係長やサブリーダーなら、課長補佐や現場リーダーの視点を、まだ持っていないかもしれません。
課長補佐やサブリーダーになっても、課長や統括にしか見えない景色があるはずです。


結局のところ、図書館界であろうと武道であろうと、同じことですよね。
立場が変われば、必然的にそれに応じた考え方や立ち振る舞いができるようになり、見合った成長も十二分に期待できることでしょう。

例え少人数であっても、同僚や仲間のリーダーになることで、きっと今までと違う学びがあるはずです。それが自身の成長につながり、図書館のため、ひいては利用者さんのためになるでしょう。

もちろん、上に書いたような現場志向を否定する訳ではありません。
ただ、図書館員にとっても、「帯が人を育てる」という言葉を考えてみる価値はあります。機会に恵まれれば、上の帯にチャレンジしてはいかがでしょうか?

(※雇用形態によっては、なかなかチャンスに恵まれないことも、よく承知しています。配慮に欠けた書き方がありましたら、ご容赦ください。ですが人生で思いがけないチャンスが訪れるのは、前向きに頑張っている人だと思います)



★かく言う私も

18年も打ち込んだ空手で黒帯を締めなかったことが自分の拘りでもありましたが、今は「帯が人を育てる」ことを、前向きに考えられるようになりました。

実は私も春から仕事で、違う帯を締めることとなりました。迷いましたが上の帯を締めるべく、試験にチャレンジした結果です。

自分が至らないことは承知していますが、心機一転、自身の新たな成長につなげるべく頑張ります。
幸い私は、仲間に恵まれています。みんなで学生さんたちのため社会のため、よりよい図書館を作っていきます!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

春は、闘病中だったれいこの具合が急に悪くなった季節。この時季はれいこのことがよく思い出され、メンタルではちょっとしんどい井上家です。


この時季、「れいこと一緒のクラスだった子たちは、どうしてるやろ」とよく思います。れいこを支え一緒に闘ってくれた、素晴らしいクラスメートでした。

下の写真は、れいこが星になった後の運動会のときのものです。
クラスで申し合わせて、れいこの「玲」の字を、全員が体操服に縫い付けてくれました。

体操服に縫い付けられた「れい」の字

みんなも、もう二十歳。ほとんど会えなくなったけど、どうしているのでしょう。
れいこのことをずっと忘れずにいて欲しい、と強く願います。

れいこの同級生のみんな、そして親御さん、よかったらまた「れいこパーティー!」に来てください!毎年5月頃にはこのブログで案内するので、ぜひ!