2017-09-20

私の3ヶ月(図書館活動もろもろ報告)

このところ、更新が滞っていて申し訳ありません。
最近ずっと書けていませんでしたので、今回はこの夏の私の図書館活動についてご報告です。

イメージ画像:公園



★雑誌「現代の図書館」に拙文が掲載されました


母校の先輩からのお声がけもあり、ご存じ「現代の図書館」に、投稿の場を頂くことになりました。

信頼関係構築による学部との連携強化の試み : 関西学院大学図書メディア館の事例 (特集 見える図書館員)
井上 昌彦
現代の図書館 = Libraries today 55(1), 28-33, 2017-03

理論誌にこのような事例報告を掲載頂くのも心苦しい限りではありますが、過去に書いたことを含め、3年間自分が最も注力してきたことを書いています。よろしければ、ぜひご覧ください。

記事先頭部分



★専門図書館協議会 全国研究集会で講師をしました


先日ご報告しましたとおり、6月30日の同集会分科会にて講師の機会を頂きました。
この分科会は、「これからの図書館員」という大きなテーマでした。私は、「信用される職員から、信頼されるパートナーへ 〜コミュニケーションこそライブラリアンの真骨頂!〜」と題し、自分なりに考えていることをお伝えしました。

わし講師姿

ライブラリアンが利用者や他館の図書館員とつながり、これからの情報サービスを創り上げていきましょう、と皆さんにメッセージを送ったつもりです。



★大学図書館問題研究会 兵庫地域グループ長を退任しました


7月に行われた大学図書館問題研究会(大図研)兵庫地域グループ大会にて、グループ長を退任しました。こんなに雑な性格の私が、8年ほどもグループ長を務められたのは、ひとえに会員の皆さんのおかげです。
最後も我儘を言って退任させてもらいましたが、これからは全国委員として頑張っていこうと思います。



★Library of the Year2017選考会で討論しました


昨年より選考委員を務めているLibrary of the Yearにて、第一次・第二次選考会で討論しました。第一次選考結果はすでに公開されており、近々第二次選考結果も発表されます。
第二次選考を突破した館を対象に、11月8日の図書館総合展にて最終選考会・表彰式が開催されます。

なお、Library of the Yearの開催のためにクラウド・ファンディングによる資金調達が行われています。よろしければ、ぜひご支援ください。



★大図研会報「大学の図書館」8月号を刊行しました


これは本当に、私は何もできていないのですが・・・。
大図研会報「大学の図書館」8月号を、私たち兵庫地域グループが担当し刊行することができました。特集テーマは、「仕事のノウハウを引き継ぐための工夫」です。

同号表紙

私がグループ長になって最もスムーズで、充実のコンテンツでの刊行となりました。
それもこれも、今年の新編集部が積極的にリーダーシップを取り、役員でない会員までがチェックに加わってくれたおかげです。
会員の皆さん、ぜひ会報8月号をお楽しみください!



★大図研全国大会にて「利用者支援」分科会を開催しました


今回の分科会テーマは、「専門分野に対する支援方法」でした。
九州女子大学の矢崎美香先生から講演を頂いた後、京都府立医科大学の山下ユミさん、久留米大学の平山紀子さんから事例報告を頂きました。

分科会の様子

この日は、講演や報告以上に参加者による討論をメインに、会をデザインしました。意見が途切れることなく、積極的な議論が続きましたのは、ご発表くださった皆さん、ご参加くださった皆さんのおかげと、感謝しています。



★阪神地区公共図書館協議会 研究集会で講師をしました


9月14日に同協議会で行われたソーシャルメディア研修に、講師としてお招き頂きました。

講演後に

講演のポイントは、ソーシャルメディアは単なる手段であり、それを使って誰に何をしたいのか、各館が目的を明確にすることが大切、という点です。
その目的に応じて、利用者との対話や図書館員どうしがつながるための手段として、ソーシャルメディアを活用したいものです。



★その他


  • この夏は、多くの図書館を見学しました。6月以降、見学した図書館は実に25館!先日ご案内した愛媛の図書館見学ツアーなど、北海道から九州まで。
    ほとんどの館では親切な対応を頂き、写真撮影も許可してくださいました。皆さん、ありがとうございました!

  • 上記以外にも、各種イベントに参加しました。図書館総合展フォーラムin熊本MIS34など、魅力的な学びの場に恵まれました。

  • それらを含め、大勢の皆さんと交流する機会に恵まれました。えひめライブラリアンシップネットワーク(ELN)関西ライブラリアンおもてなし隊などなど。多くの出会いと再会がありました。

これでだいたい、この夏の報告はできたかな・・・?漏れもあるかもですが、多くの皆さんとの交流やご厚情に感謝する夏でした。皆さん、ありがとう!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

先日4歳になったきょーこは、どんどんお姉ちゃんに。
まだまだ甘えん坊ではありますが、いろんなことが話して分かるようになってきました。


きょーこは少しずつ少しずつ、階段を上っているのでしょう。
かつてれいこが、そうしたように。


きょーちゃん、こうして元気に育つんやで!
れいこ姉ちゃんも、応援してくれとるけんな!

2017-08-13

「仲間になってください」カードを作ってみた

8月も真っ只中、皆さんも夏休みを楽しんでおいででしょうか。
お時間に余裕のある方は、仲間との交流を深める「ライブラリアン同士のご縁を大切にしちゃうぞプロジェクト」を、覗いてみてください!

イメージ画像: 海と空


★ずっと言っているけれど・・・


私が講師に行くつど申し上げ、このブログでも何度かお伝えしていることではありますが、名刺を持っていない図書館員の多さときたら・・・!

私自身、名刺交換しようとして、何度こんなやり取りをしたことか。

 私:「○○大学図書館の井上と申します」
 名刺を持っていないお相手:「はあ、どうも・・・」
 私:「失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」
 お相手:「(所属を名乗らず、かつ名字だけで、しかも小声で)あ、○○です・・・」
 私:「・・・・」


大げさではなく、こんなやり取りがホントに多いのです。
大学図書館員では比較的少ないですが、公共や学校の方ときたら、イチローの打率くらい(?)でこんなやり取りがあります。

もっと悪いと、名字すら名乗らず「イヤイヤ、名乗るほどの者では・・・」とか。これがまた、結構いらっしゃるんですよね・・・。(涙)
トサケン仁上幸治さんたちと、ずっと「名刺も持たないようじゃダメだ!」と主張しているのですが、業界としてはほとんど改善の傾向が見られません。

この辺りの現状やそもそも名刺の重要性については、「名刺を持っていない、あなたへ。 」をご覧ください。
この記事、私のブログでおそらく最多の「いいね!」を頂いている記事で、それなりに響いた方も多いのではないかと。



★「仲間になってください」カード


とは言え。
何年もこう言ってきて、いまだに名刺をお持ちでない方とお会いすることがしばしばですので、新しいツールを考えました。
それが、この「仲間になってください」カードです!

「仲間になってください」カードの写真


このカードの役割は、ご覧のとおり。
カードおもて面には、「仲間になってください」というメッセージだけを、大きく印字しました。
そして裏面には、「これからもお付き合い頂きたいので、支障のない範囲でご記入ください」と記し、お名前・ご所属・メール・Facebookアカウントの記入欄を設けました。

これから名刺をお持ちでない人にあったら、このカードを渡し、ある種無理やりにでも名刺交換の土俵に上げてしまおうかと思っています。

もちろん、これに書いてくださるかどうかは、ご本人次第です。
「こちらをご覧になって、良かったら記入して後で渡してくださいね(ニッコリ)」とやろうと思っています。

イメージ画像:公園

「馬鹿馬鹿しい」、「やり過ぎだ」、そんなご意見もあるでしょう。
ですが私は、名刺を持つという社会人としてごく当たり前のことを、図書館業界でも当たり前にしたい、と思っています。

仮にも図書館員が情報のスペシャリストを名乗ったり、人と情報のつながりを創り出したいと口にしたりするのであれば、まずは自分が社会に対して向き合っていくところから始めていく必要があるのかな、と思います。

(念のため言っておくと、名刺を持つことはゴールでなく、スタートです。まずは名刺を持って、それをきっかけに交流を深め、学んでいきましょう)

図書館が、明るく楽しく前向きなところになるように。
自分もできる範囲で、頑張っていきたいと考えています。



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

あまり詳しくは書けませんが、友人に私たち一家と似た境遇の方がいらっしゃいます。
先日その友人が、また思いがけない不幸に襲われました。

私はただ、泣けて泣けて。
どうして、こんなに辛いことが重なる方がいらっしゃるのでしょう。


こういう機に、痛切に感じます。
家族や大切な人がいてくれることの意味を。

改めて、実感します。
わが子が、健やかに育ってくれることの喜びを。

当たり前の毎日の大切さを、れいこが教えてくれましたから。

今日という一日一日を、大切に生きて欲しい。これが今日子の名前の由来です。
れいこが教えてくれたことを、きょーこの名前に込めたつもりです。

きょーちゃん、これからも元気に育ってや!
お父ちゃんの、何よりの願いやけんね。

2017-08-09

【お誘い】この夏の図書館系イベント4件(中部・四国・関西)

2ヶ月近く、ブログの更新ができておらず、申し訳ありません。
いろいろあって立て込んでいたのですが、今日からまた更新を再開したいと思います。

イメージ画像:青空




★この夏の図書館系イベント


今日は、この夏に行われる図書館系イベント4件のお誘いをしたいと思います。締切間際のものもありますので、至急ご確認ください。

いずれも、図書館に関心のある方なら、どなたでも歓迎です。
図書館員の場合、特に専任でない方、派遣・委託の方を歓迎します!(所属を公開しにくい方は、館種等のみでOK)

■ 1.安城市図書情報館見学ツアー

【開催主旨】
先日オープンした安城市図書情報館を、スタッフの案内付きで見学するツアーです。とても魅力的な図書館と評判になっている同館を、ぜひ一緒に見学しましょう!
終了後、先方のスタッフさんを含め少人数の食事会を行いますので、そちらもぜひ!
【日時】
2017年8月11日(金)16:50-
【場所】
安城市図書情報館(正面入口前集合)
【定員】
限定3名(先着順)
【参加費】
無料。食事会のみ実費(4,000円程度を想定)
【お申し込み】
8月10日(木)17時までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先、食事会の出欠をお知らせください。



■ 2.図書館員の交流会@ナゴヤ

【開催主旨】
恒例の図書館員の交流会です。館種や立場を離れ、同じ図書館の仲間と交流しましょう!
【日時】
2017年8月14日(月)18:30-(遅刻・早退でも歓迎!)
【場所】
名古屋駅徒歩圏(調整中)
【定員】
10名程度(先着順、残席3!)
【参加費】
4,000円程度(予定)
【お申し込み】
8月11日(金)21時までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先をお知らせください。



■ 3.愛媛の図書館ツアー

【開催主旨】
私の故郷・愛媛で図書館仲間と一緒に、ドライブで県下の図書館を気ままに見学しようというツアーです。私が車を出しますので、合流するだけでOKです!
【日時】
2017年8月19日(土)日中
【場所】
愛媛県下の図書館。見学先は参加者の希望で決定
【定員】
4名(先着順、残席1!)
【参加費】
参加費としては無料、交通費実費を分担負担
【お申し込み】
8月17日(木)までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先をお知らせください。



■ 4.大学図書館問題研究会 全国大会@京都

【開催主旨】
毎年恒例の大学図書館問題研究会全国大会が、今年は京都で9月9日(土)〜11日(月)で開催されます。
特に私は、10日(日)午前に開催される第2分科会「利用者支援:専門分野に対する支援方法」を担当していますので、ぜひご参加ください!
【日時】
2017年9月9日(土)〜11日(月)(1日だけでも歓迎!)
【場所】 【参加費】
6,000円(1日のみの参加は3,000円)、懇親会に参加される場合は別途5,000円
【お申し込み】
8月29日(火)17時までに、専用サイトにてお申し込みください。


皆さん、せっかくの夏ですから、仲間をつくり一緒に学びましょう!ぜひ、気軽にご参加ください。
もちろん、ひとまずのお問い合わせだけでも、大歓迎ですよ!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。
おかげ様で今月、きょーこは4歳のバースデーを迎えました。

きょーこ写真

きょーこのバースデーは、家族みんなでお祝いをしました。
プリキュアが大好きなきょーこに、妻が数日かけてお手製キュア・マカロンのケーキを用意してくれました!

この日をこうして祝ってやれたことが、本当に嬉しいです。わが子が元気でいること、家族が揃って暮らすことの大切さを、れいこが教えてくれたのですから。

きっと誰よりも、れいこがこの日を一番喜んでくれているでしょう!