2017-08-13

「仲間になってください」カードを作ってみた

8月も真っ只中、皆さんも夏休みを楽しんでおいででしょうか。
お時間に余裕のある方は、仲間との交流を深める「ライブラリアン同士のご縁を大切にしちゃうぞプロジェクト」を、覗いてみてください!

イメージ画像: 海と空


★ずっと言っているけれど・・・


私が講師に行くつど申し上げ、このブログでも何度かお伝えしていることではありますが、名刺を持っていない図書館員の多さときたら・・・!

私自身、名刺交換しようとして、何度こんなやり取りをしたことか。

 私:「○○大学図書館の井上と申します」
 名刺を持っていないお相手:「はあ、どうも・・・」
 私:「失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」
 お相手:「(所属を名乗らず、かつ名字だけで、しかも小声で)あ、○○です・・・」
 私:「・・・・」


大げさではなく、こんなやり取りがホントに多いのです。
大学図書館員では比較的少ないですが、公共や学校の方ときたら、イチローの打率くらい(?)でこんなやり取りがあります。

もっと悪いと、名字すら名乗らず「イヤイヤ、名乗るほどの者では・・・」とか。これがまた、結構いらっしゃるんですよね・・・。(涙)
トサケン仁上幸治さんたちと、ずっと「名刺も持たないようじゃダメだ!」と主張しているのですが、業界としてはほとんど改善の傾向が見られません。

この辺りの現状やそもそも名刺の重要性については、「名刺を持っていない、あなたへ。 」をご覧ください。
この記事、私のブログでおそらく最多の「いいね!」を頂いている記事で、それなりに響いた方も多いのではないかと。



★「仲間になってください」カード


とは言え。
何年もこう言ってきて、いまだに名刺をお持ちでない方とお会いすることがしばしばですので、新しいツールを考えました。
それが、この「仲間になってください」カードです!

「仲間になってください」カードの写真


このカードの役割は、ご覧のとおり。
カードおもて面には、「仲間になってください」というメッセージだけを、大きく印字しました。
そして裏面には、「これからもお付き合い頂きたいので、支障のない範囲でご記入ください」と記し、お名前・ご所属・メール・Facebookアカウントの記入欄を設けました。

これから名刺をお持ちでない人にあったら、このカードを渡し、ある種無理やりにでも名刺交換の土俵に上げてしまおうかと思っています。

もちろん、これに書いてくださるかどうかは、ご本人次第です。
「こちらをご覧になって、良かったら記入して後で渡してくださいね(ニッコリ)」とやろうと思っています。

イメージ画像:公園

「馬鹿馬鹿しい」、「やり過ぎだ」、そんなご意見もあるでしょう。
ですが私は、名刺を持つという社会人としてごく当たり前のことを、図書館業界でも当たり前にしたい、と思っています。

仮にも図書館員が情報のスペシャリストを名乗ったり、人と情報のつながりを創り出したいと口にしたりするのであれば、まずは自分が社会に対して向き合っていくところから始めていく必要があるのかな、と思います。

(念のため言っておくと、名刺を持つことはゴールでなく、スタートです。まずは名刺を持って、それをきっかけに交流を深め、学んでいきましょう)

図書館が、明るく楽しく前向きなところになるように。
自分もできる範囲で、頑張っていきたいと考えています。



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。

あまり詳しくは書けませんが、友人に私たち一家と似た境遇の方がいらっしゃいます。
先日その友人が、また思いがけない不幸に襲われました。

私はただ、泣けて泣けて。
どうして、こんなに辛いことが重なる方がいらっしゃるのでしょう。


こういう機に、痛切に感じます。
家族や大切な人がいてくれることの意味を。

改めて、実感します。
わが子が、健やかに育ってくれることの喜びを。

当たり前の毎日の大切さを、れいこが教えてくれましたから。

今日という一日一日を、大切に生きて欲しい。これが今日子の名前の由来です。
れいこが教えてくれたことを、きょーこの名前に込めたつもりです。

きょーちゃん、これからも元気に育ってや!
お父ちゃんの、何よりの願いやけんね。

2017-08-09

【お誘い】この夏の図書館系イベント4件(中部・四国・関西)

2ヶ月近く、ブログの更新ができておらず、申し訳ありません。
いろいろあって立て込んでいたのですが、今日からまた更新を再開したいと思います。

イメージ画像:青空




★この夏の図書館系イベント


今日は、この夏に行われる図書館系イベント4件のお誘いをしたいと思います。締切間際のものもありますので、至急ご確認ください。

いずれも、図書館に関心のある方なら、どなたでも歓迎です。
図書館員の場合、特に専任でない方、派遣・委託の方を歓迎します!(所属を公開しにくい方は、館種等のみでOK)

■ 1.安城市図書情報館見学ツアー

【開催主旨】
先日オープンした安城市図書情報館を、スタッフの案内付きで見学するツアーです。とても魅力的な図書館と評判になっている同館を、ぜひ一緒に見学しましょう!
終了後、先方のスタッフさんを含め少人数の食事会を行いますので、そちらもぜひ!
【日時】
2017年8月11日(金)16:50-
【場所】
安城市図書情報館(正面入口前集合)
【定員】
限定3名(先着順)
【参加費】
無料。食事会のみ実費(4,000円程度を想定)
【お申し込み】
8月10日(木)17時までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先、食事会の出欠をお知らせください。



■ 2.図書館員の交流会@ナゴヤ

【開催主旨】
恒例の図書館員の交流会です。館種や立場を離れ、同じ図書館の仲間と交流しましょう!
【日時】
2017年8月14日(月)18:30-(遅刻・早退でも歓迎!)
【場所】
名古屋駅徒歩圏(調整中)
【定員】
10名程度(先着順、残席3!)
【参加費】
4,000円程度(予定)
【お申し込み】
8月11日(金)21時までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先をお知らせください。



■ 3.愛媛の図書館ツアー

【開催主旨】
私の故郷・愛媛で図書館仲間と一緒に、ドライブで県下の図書館を気ままに見学しようというツアーです。私が車を出しますので、合流するだけでOKです!
【日時】
2017年8月19日(土)日中
【場所】
愛媛県下の図書館。見学先は参加者の希望で決定
【定員】
4名(先着順、残席1!)
【参加費】
参加費としては無料、交通費実費を分担負担
【お申し込み】
8月17日(木)までに karatekalibrarian@gmail.com 宛メールにて。お名前・ご所属・当日連絡先をお知らせください。



■ 4.大学図書館問題研究会 全国大会@京都

【開催主旨】
毎年恒例の大学図書館問題研究会全国大会が、今年は京都で9月9日(土)〜11日(月)で開催されます。
特に私は、10日(日)午前に開催される第2分科会「利用者支援:専門分野に対する支援方法」を担当していますので、ぜひご参加ください!
【日時】
2017年9月9日(土)〜11日(月)(1日だけでも歓迎!)
【場所】 【参加費】
6,000円(1日のみの参加は3,000円)、懇親会に参加される場合は別途5,000円
【お申し込み】
8月29日(火)17時までに、専用サイトにてお申し込みください。


皆さん、せっかくの夏ですから、仲間をつくり一緒に学びましょう!ぜひ、気軽にご参加ください。
もちろん、ひとまずのお問い合わせだけでも、大歓迎ですよ!



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。
おかげ様で今月、きょーこは4歳のバースデーを迎えました。

きょーこ写真

きょーこのバースデーは、家族みんなでお祝いをしました。
プリキュアが大好きなきょーこに、妻が数日かけてお手製キュア・マカロンのケーキを用意してくれました!

この日をこうして祝ってやれたことが、本当に嬉しいです。わが子が元気でいること、家族が揃って暮らすことの大切さを、れいこが教えてくれたのですから。

きっと誰よりも、れいこがこの日を一番喜んでくれているでしょう!


2017-06-13

【参加者募集+開催間近】専門図書館協議会 全国研究集会へのお誘い(私も話をします!)

先日ご案内をしました大阪府立大図書館見学会は、残席僅かとなってきました。お考えの皆さん、お早めにお願いします。

イメージ画像:夜明け



★専門図書館協議会 全国研究集会へのお誘い


皆さん、専門図書館協議会(以下、「専図協(せんときょう)」はご存じでしょうか?
「専門図書館・専門情報機関の有機的連携を図るとともに、その向上発展を通じて、社会に貢献」することを目的とした団体です。

専図協は毎年、全国研究集会を開催しています。2017年は6月29日(木)・30日(金)に東京で、総合テーマ『これからの専門図書館を“創る” 』として開催されます。

特にその中で、第6分科会が「これからの図書館員 ~人、コミュニケーションをキーワードとして~ 」と題して開催されます。
この分科会の開催趣旨は、以下のとおりです。

図書館の重要な意義が「利用者と資料・情報を、時間あるいは空間を超えて結びつける所(村橋勝子「情報便利屋の日記」より)」であるのなら、図書館員は本に向き合うだけではなく、人と向き合い、伝えていくことが必要なのではないかと思います。

特に専門図書館にとって、情報と人を結びつけることはとても重要なのではないかと考えました。そこでこの分科会では「人」「コミュニケーション」ということをキーワードとしてこれからの図書館員の姿を考えてみたいと思います。

(抜粋、詳細はこちらから)



★私も話をします


この分科会にて、私もお話をする機会を頂きました。このような魅力的なテーマの分科会での登壇、非常に光栄に感じています。

私は、「信用される職員から、信頼されるパートナーへ 〜コミュニケーションこそライブラリアンの真骨頂!〜」と題してお話をします。
皆さんご自身が考えるヒントとして、私が考えていること、実践していることをお伝えしたいと思います。

私はやはり、図書館は「人」だと考えています。
まさに上記の趣旨に記されている、情報と人を結びつけることやコミュニケーションのこと、プロフェッショナルとしての私たちのあり方を、全国の仲間と議論したいと考えています。

・・・とは言え、いつものように(笑)硬い話はしませんので、リラックスしてご参加頂ければと思います。

イメージ画像:夕方


なお同分科会では、日本科学未来館 科学コミュニケーターでいらっしゃる志水正敏さんから、「図書館に期待される『人をつなぐ』役割 〜科学コミュニケーションの視点から」 と題したご講演も頂きます。
私の話などより有意義で、非常に魅力的なお話になると思いますので、お楽しみに!


ぜひぜひ、専図協全国研修集会に、そしてこの第6分科会へお越しくださいね〜!(会員でなくても参加可能です)
全国研究集会のプログラムや参加申し込み方法等は、こちらからご覧になれます。開催間近ですので、お考えの方は急ぎお申し込みください。

ちなみに私自身、全国研修集会には初参加です。
分科会は30日(金)ですが、前日も参加予定です(もちろん交流会も)。皆さんとご一緒できれば嬉しいです。



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。
毎年この時季になると、いつも以上にれいこのことを思い出します。


5年前の今頃、私たちはれいこを失ったばかり。毎日をただ無気力に、涙を流しては過ごしていました。
きょーこが生まれてきてくれなかったら、今頃どうしていただろう・・・とよく思います。

きょーこには、よくれいこの話もします。
3歳児ですから分かってはいないのですが、「お父さんは、きょーちゃんとれいこ姉ちゃんが大好きやな〜」と言っています。(笑)

れいこの分まで、きょーこを健やかに育ててやりたい。毎日毎日そう思います。

れいこもきょーこも、世界で一番大好きやで!
今までも、今も、これからもずっとね!