2011-06-29

病気と明るく強く闘う、れいこ(第2日目: 6月29日)

6月28日に始まったれいこの闘病記、第2日目: 6月29日(水)です。

-------------------------------------------------------------------


○水頭症出術から一夜

昨日のエントリーに書きましたように、昨日はMRI検査の後、そのまま水頭症手術へ直行でした。

19:30頃に手術が終わりましたが、昨夜は結局、グッスリと寝たままでした。
お父ちゃんはやっぱり心配で、一晩20分ごとにアラームで起きて、れいこの具合を伺っていました。それが結局徒労に終わり、何よりだったのですけれど。

さて今朝のれいこは、6:30頃のお目覚めでした。いくら手術後とは言え、さすがに13時間も寝ると、早く目が覚めてしまうようですね。
少し話をしてみると、この数日にようなボーッとした感じが、あまりしない気がします。やっぱりあれは、水頭症の影響だったのでしょうか。

この朝は半日ぶりに、手術で止められていた水分や食事を摂ったり、起き上がってみたり。ごくごく当たり前のことを、親子で新鮮に感じました。


れいこが元気なので、私もちょっと作業をしました。
昨日作ったTwitterアカウントに、いろいろと手を加えました。写真を入れたり(あえて、病床のものにしました)、名前に「明るく強く」を入れて、「病気と明るく強く闘う、れいこ」としてみました。
井上家の、気持ちを込めて。


○息子の成長

中学生の息子は、昨夜大きなショックを受けたようですが、自分がしっかりしないといけない、と感じているようです(昨日も帰り道に、泣き出した妻を慰めてくれました)。

今朝も早起きして、このブログや両親のTwitterを、読んでいたようです。あまり上手に言えないけれど、彼なりに、妹や両親のことを心配してくれています。優しい、息子です。

今日も登校時に、玄関先の妻に向かって、「お母さん、寂しいときは歌うといいよ」と声をかけて、出て行ったそうです。
ときどき、本気でカッコいい息子です。(笑)

そうやね、寂しいときは、唄おうか!ルララ〜。


○今日の検査

今日は術後の安静日でもあり、検査を3つ行っただけでした。
昼過ぎまでに、CTスキャン、レントゲン、血液検査、いずれも順調に終わりました。


○れいこの、いいところ

れいこの、いいところ。
それは、きちんとお礼を言えるところ。

看護師さんがいらして、体温を測ってくれると、「ありがとうございました」。清掃の方が部屋を綺麗にしてくれると、「ありがとうございました」。

わが子ながら、これはとても、いい。

さすがは、空手家のタマゴ。道場で、大事なことを教わったね。いつか大きくなっても、きっとれいこの財産になるよ。


○お見舞い

今日は、大勢の方々が見舞いに来てくださいました。
館長や @katsujipapa はじめ、空手関係者の皆さんの気遣いに感謝しています。@katsujipapa の「井上家で闘うんやない、拳真館みんなで闘うんや!」には感動しましたね〜。

Iさんご夫妻、Mさん一家のお見舞いにも、本当に感謝しています。

わが家は、「病気と明るく強く闘う」ので、遠慮は不要です。
悲壮な顔をして、泣いて過ごしていたりはしませんから!お近くの方は、ぜひお気軽に宝塚市民病院小児科4階へ、遊びに来てくださいね〜。

来られる場合は、手ぶらでどうぞ!それも、立派な気遣いですよ。
あ、でもれいこが読みそうなマンガとDVDなら、喜んでお借りします!(借りるだけ。わざわざ買わないように!)


○今後の治療プラン

今日、主治医の先生と、術後の様子を含めて、いろいろ相談しました。

一つは、嬉しいニュースです。
宝塚市立病院の先生方で、再度MRI検査結果を見てくださったそうです。腫瘍の周りの状況からすると、進行がかなり遅いタイプである可能性もあるとのことでした。
ただしあくまで、MRIだけによるものとの断り付きでは、ありますが。
それでもいいです。
これがどれほど、私たちの気持ちを、明るく前向きにしたか。

もう一つは、これからのことです。
手術後の安静・検査のため、そして現在までに行った検査結果が出るまで、およそ1週間です。
それまでに、このまま宝塚市立病院にお世話になるのか、放射線治療のできる次の機関に移るのかを、決めなければいけません(宝塚市民病院では、放射線治療は設備がないため、できないそうです)。

昨日の時点では、腫瘍の組織摘出と診断までは、ここでお願いしようと思っていました。しかし子供の場合は、いろいろと難しい面もあるそうです。

例えば、腫瘍の組織を一部摘出するだけでも、大人なら局所麻酔で済むところが、子供だとそうはいかない、といったような。

こういう部分は、やはり子供への実績が豊富な病院の方が、より相応しいとも言えるそうです。
そうなると、先々放射線治療をしてもらうであろう他の病院で、腫瘍組織の摂取から行うべきかもしれません。

れいこの、命に関わる問題です。
これから数日、一生懸命考えます。


○お礼

本当に、本当に多くの方々から、励ましを頂いています。
メール、Twitterでのツイートやダイレクトメッセージ、お電話、そしてお見舞い(その多くには、お返事も差し上げられていない状況で、申し訳ありません)。

明るく強く、病気に勝とうと決意した一家。そして、それを支えてくださる大勢の方々。
もし奇跡が起こるとしたら、こんなときに起きるんじゃないか・・・そんな気がしてきました。皆さん、本当にありがとうございます!井上家は、皆さんから頂いたチカラで、頑張ります!


<●最後に、れいこへ。>

今日、れいこに何か欲しいものがないか、と聞くとJボードと言ったね。
グニャグニャしたスケボーみたいな、アレやね?

前から欲しかったけど、高くてなかなか言い出せなかったんやね。退院したら、お祝いに買おうと約束したけん、覚えといてな。

そう、必ず退院してJボードを買おうな。
絶対に、Jボードに乗れる日を迎えよう。

その日まで、みんなで頑張ろう、れいこ!

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

井上さんおはようございます。
今朝、嫁から聞きしばし呆然としながら嫁と泣いてしまいました。井上家が泣かないってきめてるのに・・・  娘のりょうもれいちゃん大丈夫かなぁ?と昨日より心配して落ち着かないようです。 れいちゃんと釣りに行く約束をしていました。必ず行ける日が来ると信じております。家族でれいちゃんが帰ってくるの待ってます。微量ながら何でもお手伝いさせていただきますので何なりと言ってくださいね!近い内にお見舞いに行かせていただきます。