2015-03-22

名刺を持っていない、あなたへ。

なかなかに、忙しい週末です。
金曜は京都情報図書館学学習会で発表し、土曜は妻が不在の中で終日1歳児の子守り、そして今日は日帰りで東京のダイトケン全国委員会へ。
このブログも、新幹線の中で書いています。




★名刺を持っていなくてもフツー?


前々からよく思っていたのですが、図書館界では名刺を持っていないことが多いですよね?特に、公共図書館と学校図書館の方々は、こうしたことがしばしばです。
聞いてみると、「職場で作ってくれないから・・・」、「非正規なんで・・・」という理由がほとんどです。

でも、これでフツーに済んでしまう図書館界って、どんなものなんでしょうね?
厳しい言い方をすれば、名刺を持ってもいない人は、ビジネスの世界では相手にされないと思います。


★覚えてもらえません!


言い切ってしまいますが、私は名刺をくださらなかった人のことを覚えていません!ほぼ間違いなく、忘れていると思います(忘れてたことすら、気づいていませんが)。

ただですら、人のことを覚えるのが苦手な私。名刺もなくて、覚えておける訳がありません。そしておそらく、これは私だけではなく、誰しもがそうでしょう。

悪いことに、名刺をお持ちでない方は、一般に自己紹介も上手ではない人が多いと思います。例えば、こんなやり取りを何度経験したことか。

 私:「○○大学図書館の井上と申します」
 名刺を持っていないお相手:「はあ、どうも・・・」
 私:「失礼ですが、お名前を伺ってもよろしいでしょうか」
 お相手:「(所属を名乗らず、かつ名字だけで)あ、○○です・・・」
 私:「・・・・」

大げさではなく、こんなやり取りがホントに多いのです。
もっと悪いと、名字すら名乗らず「イヤイヤ、名乗るほどの者では・・・」とか。これがまた、結構いらっしゃるんですよね・・・。(涙)


★つながるためには名刺はマスト!


一昨日の京都でも、ライブラリアンどうしのつながりの重要性をお話させてもらったばかりです。その際も、名刺はとても重要なものであること、公的なものだけでなくマイ名刺やおまけをセットにして渡すべき、とお伝えしました。

お名前はもちろんのこと、所属やメールアドレスすら分からなくて、ご縁が深まる訳もありません。後でちょっとしたときに連絡を取り合い、そこから思わぬようなつながりへと広がることもあります。

公費で作ってもらえないのなら、自分ででも作りましょう!
所属を出しにくい人だったら、大学名を出さずに「大学図書館員 ○○」だとか「レファレンス担当ライブラリアン ○○」でいいじゃないですか!

特別なものでなければ、名刺なんて1枚10円で作れます。10円でつながりができるのだったら、安いものですよね。
パソコンで自作すれば、もっと安く済みます。名刺になる台紙も、100均で売っています。思い切って今夜にでも、取りかかってみましょう!



名刺を持つことは、ライブラリアンになりたい学生さんには特におススメです。現職のライブラリアンに覚えておいてもらって、絶対に損はありません。

社会人のライブラリアンは忙しいですから、ソーシャルメディアのアカウントを書いておくことを勧めます。勉強会などで挨拶し、facebookやTwitterでつながってさえおけば、またそのご縁が生きてくることもありますから。


★名刺を忘れてしまったら


ときには、名刺を忘れてきてしまうこともあります。あるいは、急な外出でストックが切れることもあるでしょう。そんなときには、以下の方法がおススメです。
  • まず名刺を持っていない非礼を詫び、自分の所属・フルネームをはっきりと伝える。
  • facebookをしていないか尋ね、していればリクエストさせてもらえないか伺う。facebook上で「友達」になれれば、メッセージで名刺に記載の情報を送ると伝える(遅くとも翌朝には送る)。
  • facebookをしていない場合は、失礼を詫びながら、手元の紙に所属・氏名・メールアドレス等を記載して渡す。
  • いずれの場合も翌朝には、出会えた感謝と非礼を詫びるメールを送る。また同時に、お詫びの手書きメッセージを添え、名刺を相手に郵送する。

特に、最後のステップが重要ですね!
あなたの評価が、「名刺をくれなかった人」から、「わざわざ手書きメッセージまで添えて郵送してくれた、誠意ある人」に変わります。ピンチをチャンスに変えるこの方法、ぜひお試しになってはいかがでしょうか?


★念押し


最後にもう一度繰り返しますが、名刺がなければ相手はあなたのことを覚えてくれず、ご縁も絶対に深まりません。
名刺は必ず作り、渡しましょう。これは自分のためだけでなく、ライブラリアンどうしのネットワークが広がり、図書館界が良くなることにもつながるのですから!

私、名刺のことは相当に思い入れがありますから、この点は譲りませんよ〜。(笑)
名刺の話だけで、1時間くらい話せる自信があります。いつかどこかで「図書館員の自己アピール講座」などで、話をさせてもらえませんかねえ。(笑)



●れいこと

最後にまた、れいこ&きょーこの話を。
このところきょーこは、お兄ちゃんにベタベタ。世界で2番目か3番目に、お兄ちゃんが大好きです。


お出かけのときもお兄ちゃんに抱っこしてもらったり、家でもお兄ちゃんに絵本を読んでもらったり。最近では、シューイチローお兄ちゃんのことを、「しゅー、しゅー」と言えるようになりました。

お兄ちゃんはアホちんでスーパー大らかな性格ですが、真っ直ぐ優しく育ってくれました。きょーこの世話もしてくれる、いいお兄ちゃんです。

きょーちゃん、ずっとお兄ちゃんを大好きでいてな〜!

0 件のコメント: